2007年11月05日

中国 反体制学者の葬儀

不自由な国はどこへ進む?

北京東部郊外の葬儀場で3日、10月28日に脳出血のため死去した著名な反体制学者、包遵信氏の葬儀が行われ、治安当局が監視する中、民主活動家や知識人ら約300人が棺に花を手向けた。

 70歳で死去した包氏は安徽省出身。中国社会科学院の研究員だった80年代初め、編集長として書籍シリーズ「走向未来」を出版し注目を集めた。西洋思想や文化、制度などを初めて客観的に中国国内に紹介したこのシリーズは、改革開放政策が始まった直後の中国の知識人、とりわけ大学生に大きな影響を与えた。

 89年春の天安門事件につながる民主化運動で、包氏は知識人と大学生のパイプ役を務めた。包氏が中心となり発表した「知識人5・17宣言」は、トウ小平氏を「ラスト・エンペラー」と批判し、国内外に大きな波紋を呼んだ。運動弾圧後、包氏は逮捕され、反革命扇動罪で懲役5年の判決を受けた。出獄から死去まで北京市内の自宅で約15年間も軟禁生活を強いられた。

 葬儀の日時などは事前に香港紙などに報じられ、中国国内のネット掲示板にも出回った。中国当局は葬儀が政府批判の場となることを警戒し、神経をとがらせた。葬儀関係者によると、江棋生氏ら十数人の民主活動家は同日早朝、警察官に外出を阻止され、葬儀に参列できなかった。

 「先生の遺志を引継ぎ、民主と自由を手に入れる日まで、奮闘し続ける」。葬儀で大学生風の若い女性は、こう記帳していた。

11月3日 MSN産経ニュースから…

日本ではあまり話題にならないが」、チベットでも人権弾圧は続く
posted by Kamz at 23:02| Comment(32) | TrackBack(0) | etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。