2007年10月30日

偽装は止まらない…

三重の御福餅、JAS法違反=製造日改ざんなど偽装27年間

農水省は30日、伊勢の土産物「赤福餅」の類似商品を製造・販売する和菓子屋「御福餅本家」(三重県伊勢市)が製造日を改ざんするなど、日本農林規格(JAS)法に違反する行為を行っていたと発表した。同省と県は29、30の両日、同社に立ち入り調査を実施。食品衛生法違反の疑いもあるとみて、調べを進めている。
 同社によると、こうした改ざんは1980年から27年間も続けられていた。赤福に続き老舗が相次いで偽装に手を染めていたことになる。
 同省によると、御福餅は商品製造日の翌日を製造年月日と印字する「先付け」行為を日常的に行っていた。また、原材料を重量順の「砂糖、小豆」ではなく、「小豆、砂糖」と不適正に表示していたという。

時事ドットコム

食品の偽装表示が止まらない。
多分、氷山の一角で知らないところでまだまだあるだろう。
正規雇用の社員が減り、派遣、アルバイトが増え、企業の利益追求のために切り捨てていく。
いつ切られるかわからないんだから、これからも内部告発は増えつづけるだろうなぁ

こんな状況にならないと企業の不正は表に出てこないのか。
posted by Kamz at 22:12| Comment(0) | TrackBack(5) | etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。